仕事でありつつも・・・


撮りたいと思ったその時に、 カメラは自由な道具であってほしい。

シャッターを押す瞬間に、 カメラに不安を感じたくない。

誰でも思う事ですが、当店ももちろんそう思います。

修理から離れればお客様同様に自分自身が一人のカメラユーザーだからです。

「修理人としてもユーザーとしても納得の出来る修理を。」

当店が儲からない理由です。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
特定商取引に関する表示
プライバシーポリシー
サイトマップ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © miyakoshi-camera-service All Rights Reserved.