修理工程


カメラ修理を趣味にされている方や興味がある方なら、

フィルムカメラの修理がどのようなものかお分かりだと思います。

とは言え、写真やカメラを趣味にする人の多くはカメラの中身を見ることはありません。

修理とはどんなことをしているのか、konica C35を例に少しだけ話します。

いつ見ても飽きないデザインとコンパクトさに、写りのよいレンズ。

今も根強い人気のあるC35です。

C35と同じく電池を使用するカメラの多くは、長年入れっぱなしのまま放置されてしまったことによる電池の液漏れや発生した水素による配線の腐食が原因で通電不良を起こしています。

ここに取り上げたC35も電池室からつながっているはずの配線が完全に切れています。

腐食した配線はぼろぼろで力を入れると「ぷつり」と切れてしまうほどで、交換しなくてはなりません。

CdSと言う光を感じる部品や露出計のメーターにも異常がないか確認して作業を進めて行きます。

シャッターのコパルユニークの機構は説明を割愛しますが、もちろん整備する必要があります。

オイル切れや油にじみゴミの付着などで正常な動きが阻害されていては写真を撮れません。

スムーズに動くように整備したところで湿潤滑の必要な箇所にオイルを注します。

遮光材のモルトはカメラの内部にもありますから、ぼろぼろになっているモルトも交換し

組み立てて行きます。

レンズにカビがあればもちろんカビ取り、清掃して 組み付け、ピント位置調整をします。(コリメータによる無限遠出し)

ファインダーも重要な箇所です。

覗いた先が汚れていては気持ちよく写真を撮ってもらえませんから。

その他、ファインダー二重像調整、フィルム室モルト交換、ボディー清掃、貼り革クリーニング、トップ・アンダーカバー清掃、

などなど作業は進んで行きますが、

このままではただバラして組み立てただけと変わりありません。

そのカメラがちゃんと写真を写せるかはテスターによる検査が必ず必要になります。

修理にかかる前の状態確認、修理後の検査。

細かな整備はただ動くようにして行くことではなく、最終的な精度出しを目指して行っていきます。

年月の経過したカメラはそれぞれで、さすがに新品には戻せません。

修理人として出来る限りの調整で写真を撮れる状態に戻していきます。

修理から戻ったカメラで写真を撮る時に、不自由無く当たり前に写真が撮れる。

その当たり前を作る工程です。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © miyakoshi-camera-service All Rights Reserved.