フィルムカメラを使うこと

June 3, 2016

 

友人のKさんからこんな話しを聞きました。

世界的にレコードブームの今、当然日本でもレコードやレコードプレーヤーを買い求める若い世代がいる。
そんなお店の店員さんが、買いに来られた女の子に
「なぜレコードなんですか?」
と尋ねたそうだ。

驚くのはその答え

女の子曰く
「なんで、「なんで?」って聞くんですか??」


音楽を聴くのにCDすら買わなくても良い世の中に生まれた世代が
レコードを求めるのに理由がないのだ。

例えばフィルムカメラでも、
デジタルには無いクラシックな感じが良いとか
フィルムの写りが好きだからとか

僕自身も聞きたくなるその「理由」なんていうものは必要無いのかもしれない。

このレンズは室内の柔らかな光をキレイに写せるから、といって
逆にそんな光ばかりを求めてしまったり…(自分)

良い光景を見つけたら、撮る前にさらにあれこれ考えていたり…(これも自分)

そうして自分に制約を作っているうちに、何からも縛られていない純粋な好奇心の持ち主は、

誰よりも早くさっさと目の前の光景を撮り去っていってしまうのだろ。

デジタルばかりの今でも、カメラ店に行けば片隅には中古フイルムカメラは置いてあるし、

もちろんフィルムも売られている。

その事実だけを見れば、フィルムカメラは過去のものでもなんでもなく、
道具として選ぶに同列な存在なのかもしれない。

 

あの階調豊かなフィルムはもう生産中止だから・・・

なんて思っているうちに、今ある選択の中から素晴らしい写真を突き付けられますよ(笑)

負けていられませんね!
「今」こそ腕の見せ所ですよ!

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

January 5, 2019

January 1, 2018

September 8, 2016

August 6, 2016

July 20, 2016

July 6, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

特定商取引に関する表示
プライバシーポリシー
サイトマップ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © miyakoshi-camera-service All Rights Reserved.