「カメラを修理する」ということ


数年前のこと。

春も終わりに近づいた良く晴れた日の夕方、

お一人でゆっくりカメラを構えるご老人に会いました。

杖を手にしながらも背筋の凛とした方で、

遠くを見据えて一呼吸おくとすっとNikon S2を構える。

カメラを降ろされたところに声をかけさせていただくと、 少しお話しを聞かせていただけた。

「あ、ええ、これはね」 「普段、私も仲間と出かけるときはデジタルなのですがね」 「こういうのでは撮るのに時間がかかってしまうでしょ」 「みんなデジタルだとそれではね」 「今日は一人だから、古いのを虫干しにね」 「春の今頃が良いんですよ」 Nikon S2はお兄さんから頂いたものだそうで そのときから二重像も壊れているとの事、

目測とカメラに付けたVCメーターから露出を拾って ゆっくりシャッターを切られていました。 今でも時折思い出します。

年月を経過したカメラにはもちろんその年月分、誰かの思いが詰まっているということ。

そして今はそんなカメラをお預かりする立場になったこと。

誰かが写真を撮る瞬間裏方としてどこまで力になれるか。

静かな真剣勝負です。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © miyakoshi-camera-service All Rights Reserved.