2016/08/06

カメラを修理した後は分解してしまった分、様々な検査をします。

組み上げ後に写真が撮れる状態になっていなければ修理の意味もありません。

レンズとカメラを組み合わせた状態の無限遠確認も大事な調整や検査です。

これにはコリメーターなど専用の検査機器も用いますが

ピントグラスでフィルム室側から直接確認もします。

簡易的なものではルーペに不要になったフレネルをあてがった

自作のピントグラスもあります。

ルーペなんて言っていますが平たく言えば虫眼鏡です。
 

この虫眼鏡が今回の本題です。

とてもおおざっぱに説明すると、

カメラのレンズは凸レンズや凹レンズを様々に組...

2016/06/17

 カメラ修理には専用工具もありますし、カメラ修理道具として市販されているものもあります。

市販品に関しては、「カメラを分解するだけならこれでもまあいいか」と言う道具から

実際に修理工具として役に立つ物まで様々です。

もちろん、それらの工具も先端を使える形状に加工してから修理に用います。

マイナスドライバーにあっては幅、厚みの違うものが無数ありますし、

全く関係の無い工具を独自に加工して使っているものもあります。

そんな中から少し並べてみました。

病院でよく見かける「膿盆」は、この形がさすがの使いやすさです。

Please reload

特集記事

2020年 明けましておめでとうございます。

January 3, 2020

1/10
Please reload

最新記事

January 5, 2019

January 1, 2018

September 8, 2016

August 6, 2016

July 20, 2016

July 6, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
特定商取引に関する表示
プライバシーポリシー
サイトマップ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © miyakoshi-camera-service All Rights Reserved.