2016/07/20

横断歩道が青になり、おばあさんが渡って行く。

この時に写真を撮るならばどのタイミングがベストなのか。

周囲の景色と合わせて、絵的なピークはどこにあるのか。

写真を始めたばかりの頃、良い写真とは何なのか悩みながら

こんな話をすると、友人から一言

「その選び方が個性なんじゃないかな」

と言われ、開眼しました。笑

悩むよりも楽しんだもの勝ちなんですよね!

今では下手かろおが上手かろおがシャッターを押しています。

なので上達とは無縁ですが、写真を撮る楽しさは相変わらずです。

写真仲間と出かけて、冗談に笑い合う時間が一番です。

それに、もれなくお土産も付いてきます

...

2016/07/13

数年前、カメラの将来像について友人と話したことがありました。

と言っても、フィルムカメラではなくデジタルカメラについてです。

その時は、デジタルカメラのモジュール化を望む話しでした。

レンズやボディーの組み合わせだけでなく、センサーやファインダーも

それぞれ自由に選択できて自分好みの組み合わせでカメラを作れたら

さぞや楽しいだろうと盛り上がったのですが、

今思うとこれはフィルムカメラがまさにこの状態なのではと気付きます。

一度フィルムを入れたらおいそれと交換出来ないフィルムカメラです。

デジタルカメラでは色調を何時でも好みに変えられます。

ですが、セ...

2016/07/06

今フィルムカメラを使う人の中で、フィルムを巻き上げる動作を面倒に思う人は

ほとんど居ないことでしょう。

フィルムカメラも完全機械式から電池を使用するオートになり、

モーターを内蔵した自動巻き上げへと移っていました。

フィルムカメラの進化は出来るだけ便利な方向へ、フィルム装填の面倒さも楽な方式へ

と進んでいましたが、現在フィルムカメラに感じる魅力がその逆にあるのは面白いことです。

今、デジタルカメラに巻き上げレバーはもちろんありません。(一部を除いて)

この事がフィルムカメラの巻き上げのひと手間を価値あるものにしてくれています。

それに、巻き上る小さ...