2020/01/03

昨年も大変多くのお客様よりご依頼をいただき、

大変お世話になりました。

本年も一台一台ご満足いただける修理が出来るよう

日々努めて参ります。

昨年2019年は日付機能の付いたカメラの多くでDATE設定が限界を迎た年で、

この年明けと共にDATE表示が二周目の80年代へ突入して行きました。

当店でも日付機能付きコンパクトカメラを準備して年越しを迎えましたが、

年越し出来なかった表示には感慨深いものがありました。

そんな2019年もFujiのACROSⅡは嬉しいニュースでしたが

結局そんなことにも一切触れず、

ブログは全く更新すること無く2020年を迎えて...

2019/01/05

一眼レフの総合整備を例にお客様よりお預かりしたカメラへ どのような修理をさせて頂いているのか、日々の仕事の一部をご紹介させていただきます。

2018/01/01

あけましておめでとうございます。

昨年も多くのお客様にご依頼をいただき大変ありがとうございました。

本年もご期待に添える修理ができるように、

お預かりした一台一台を大切に修理してまいります。

ブログの更新も気がつけば一年ぶりになってしまいました^^;

新年のご挨拶にしか更新が無いのはずいぶん問題ですね(笑)

日々の他愛ないつぶやきや仕事の合間に撮っている写真は主にTwitterを使用しておりますが

そこでフィルムカメラのユーザー様をフォローさせていただいたりしていると

目の前には魅力的なフィルム写真が広がり、見る度いつも驚いています。

皆さん昔のカメ...

2017/01/05

明けまして、おめでとうございます。

昨年は地元を始め県内や関東、また当店がご遠方にもかかわらず

多くのお客様にカメラをお預けいただき

お客様の一台一台それぞれに感謝の一年でした。

修理をしながら感じるのはお預けいただいた方のカメラに対する思い入れの深さです。

ご家族の思い出をともに見てきたカメラや、待ち望んでいた一台。

たとえ同じカメラを探し出せても、その方だからこそ持つべき価値はマネできません。

そんなカメラをお持ちであることに感動しながら

ローレットの溝一本まで綺麗にしてお返し出来たらと励んできた昨年です。

お酒は得意ではないので、年末年始も変わ...

2016/09/08

気が付けば8月も終わり、夏の間の完成を目指していた自作カメラも

順調に後回しになっておりました。

それでもあい間を見つけては微速前進しております。

カメラのシャッターは様々に速度を変更出来、露出を合わせる事ができますが

実際に走る速が変わっているわけでは無いことはご存知の方も多いと思います。

では何が変わることでシャッター速度が変化しているのかと言えば

それは幕と幕の隙間です。

1秒のシャッター速度では、先幕が開いた1秒後に後幕が閉じ始めます。

1/2秒では0.5秒後です。

そのままどんどんシャッター速度を上げて行くと、

高速時には先幕が開いた直後に後...

2016/08/06

カメラを修理した後は分解してしまった分、様々な検査をします。

組み上げ後に写真が撮れる状態になっていなければ修理の意味もありません。

レンズとカメラを組み合わせた状態の無限遠確認も大事な調整や検査です。

これにはコリメーターなど専用の検査機器も用いますが

ピントグラスでフィルム室側から直接確認もします。

簡易的なものではルーペに不要になったフレネルをあてがった

自作のピントグラスもあります。

ルーペなんて言っていますが平たく言えば虫眼鏡です。
 

この虫眼鏡が今回の本題です。

とてもおおざっぱに説明すると、

カメラのレンズは凸レンズや凹レンズを様々に組...

2016/07/20

横断歩道が青になり、おばあさんが渡って行く。

この時に写真を撮るならばどのタイミングがベストなのか。

周囲の景色と合わせて、絵的なピークはどこにあるのか。

写真を始めたばかりの頃、良い写真とは何なのか悩みながら

こんな話をすると、友人から一言

「その選び方が個性なんじゃないかな」

と言われ、開眼しました。笑

悩むよりも楽しんだもの勝ちなんですよね!

今では下手かろおが上手かろおがシャッターを押しています。

なので上達とは無縁ですが、写真を撮る楽しさは相変わらずです。

写真仲間と出かけて、冗談に笑い合う時間が一番です。

それに、もれなくお土産も付いてきます

...

2016/07/13

数年前、カメラの将来像について友人と話したことがありました。

と言っても、フィルムカメラではなくデジタルカメラについてです。

その時は、デジタルカメラのモジュール化を望む話しでした。

レンズやボディーの組み合わせだけでなく、センサーやファインダーも

それぞれ自由に選択できて自分好みの組み合わせでカメラを作れたら

さぞや楽しいだろうと盛り上がったのですが、

今思うとこれはフィルムカメラがまさにこの状態なのではと気付きます。

一度フィルムを入れたらおいそれと交換出来ないフィルムカメラです。

デジタルカメラでは色調を何時でも好みに変えられます。

ですが、セ...

2016/07/06

今フィルムカメラを使う人の中で、フィルムを巻き上げる動作を面倒に思う人は

ほとんど居ないことでしょう。

フィルムカメラも完全機械式から電池を使用するオートになり、

モーターを内蔵した自動巻き上げへと移っていました。

フィルムカメラの進化は出来るだけ便利な方向へ、フィルム装填の面倒さも楽な方式へ

と進んでいましたが、現在フィルムカメラに感じる魅力がその逆にあるのは面白いことです。

今、デジタルカメラに巻き上げレバーはもちろんありません。(一部を除いて)

この事がフィルムカメラの巻き上げのひと手間を価値あるものにしてくれています。

それに、巻き上る小さ...

2016/07/01

フィルムカメラを購入する時、カメラ店で店員さんから説明を聞けるのなら安心ですが、

詳しく状態の説明を聞けない専門外のお店や、ジャンク品から

掘り出し物を探したくなるのもカメラ好きの性です。

先日も夕方、友人から電話がありました。

「今、ハードオフにいるんですけど」

話しはご想像の通りです(笑)

さすがにカメラ修理を仕事にしているので、外見的にどんな酷いジャンク品であっても、

チェックすべき箇所さえ確認できれば購入して部品取りのストックにすることもあります。

一般的には見向きもされない状態のカメラでも、どなたかのカメラに役立つかもしれず

どんな形でも最...

Please reload

特集記事

2020年 明けましておめでとうございます。

January 3, 2020

1/10
Please reload

最新記事

January 5, 2019

January 1, 2018

September 8, 2016

August 6, 2016

July 20, 2016

July 6, 2016

Please reload

アーカイブ